東京23区内の老人ホーム選び体験

a0002_010080

 

 

h4老人ホーム選びは立地条件や交通アクセスも忘れずに

 

 

私は五十代のサラリーマンですが、現在、家内と四人の子供たち(全員未成年)、そして八十代の私の両親と共に暮らしています。

 

幸い、両親共に健康で元気です。

しかし、足腰は弱くなってきましたし、年齢相応の衰えは隠せません。

 

そんな我が家でも近い将来に備えて、両親のための老人ホームも人生設計の選択肢の一つとして考えるようになってきました。

 

我が家は東京23区内の下町にありますが、近所には「特別養護老人ホーム」、「老人デイケアセンター」、それに「サービス突き高齢者住宅」などがあって、その様子を近くから眺めることができます。

お願いすれば見学などもさせて貰えます。

 

その結果、最も強く感じたことは、やはり介護の必要性についてでした。

これは恐らくどなたも気になるポイントではないかと思います。

 

一口に老人ホームといっても、その老人がどれくらい介護を必要としているのかによって選ぶ施設が決まってくるのです。

たとえば日常生活に全く支障のない矍鑠とした老人には、介護老人福祉施設などは相応しくないといった具合です。

 

それに値段も気になりますが、安さを最優先させるような選び方はしないほうが良いでしょう。

 

私が見た範囲内でも、安ければ安いほどサービスの質が落ちます。

また、当然のことではありますが、各種設備の整った施設ほど高額になるのも間違いありません。

 

最後に忘れてはならないのが、老人ホームの立地条件や交通アクセスでしょう。

極力、自宅に近いほど安心です。

なぜなら、何かあった時にすぐに駆けつけることができるからです。

 

これは老人ホーム選びにおいては、忘れてはならない大切なポイントではないかと思います。

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月20日

このページの先頭へ