老人ホーム探しでは必ず見学に行ってください

a0001_000082

 

私が、老人ホームに申し込んだ経験談です。

両親が高齢になると介護などいろいろとこれから先のことを考えるようになります。

 

私も妹も同居は難しいので、できれば両親には安心できる有料の老人ホームに入ってほしいと思うようになりました。

それで積極的に探し始めました。

 

とりあえず立地ですが、私や妹が両親に会いに行きやすいように、可能な限り近くにと思い探しました。

 

有料老人ホームは値段や規模の面で本当にさまざまあり、パンフレットをかなり取り寄せましたが正直どれも良いことしか書いていません。

ですので、見学が可能なところはできるだけ見学しました。

 

口コミも参考になりますが、やはり自分の目できちんと見たほうが納得して入居できます。

 

その時にただ漠然と見学するだけでは後で比べられないので、1か所ずつきちんとメモを取りながら見学しました。

事前にパンフレットでわからないところなども積極的に質問しましたし、職員や入居者の様子も見るようにしました。

 

特に言葉遣いは大切だと思うので「丁寧であたたかい言葉かけをしているのか」などもチェックしました。

 

またお金の面でもきちんと確認をしました。

一時金がそれなりにまとまった金額ですし月額料金も払うので、それですべての料金がまかなえるような思い込みをしそうですが、実際は細かな料金を月々請求されます。

 

具体的にはホームによっていろいろですが日用品や洗濯代、レクレーション費用、食事代などいくつかあります。

 

私もきちんと見学までしていたのに、提示金額にすべて含まれていると勝手に思い込んでいて、友人に教えてもらって初めてそのことを知りました。

 

現在は、予算内で折り合いがつく施設が見つかって両親とも入居し元気に暮らしています。
納得いくまで足を運んで調べて本当に良かったと思います。

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月20日

このページの先頭へ