市販のキャットフードの問題点と、おすすめのキャットフードとは

人間でも安心安全の食材を口に入れたいと思っていますが、近年は猫用のキャットフードにもこだわりが出る時代です。

猫用のキャットフード何でなんでもいいと思う人もいますが、猫も家族に一人と考えて、安心安全のキャットフードにこだわる人もいます。

 

実際に市販されている多くのキャットフートには添加物がたっぷり含まれていたり、原材料が粗悪だったりします。

近年はドッグフードの品質も問題になりましたが、それはキャットフードも同様です。

 

添加物たっぷりのキャットフードは、日持ちして人間にとっては都合がいいです。

しかし添加物が含まれることにより、猫の毛が抜けたり、食物アレルギーになる可能性もあります。

 

一度アレルギーが発症すると、完治することは難しいです。

そのためアレルギーになる前にキャットフードにこだわることが一番です。

 

また長期間ずっと粗悪なキャットフードを口にすることにより、結局猫の寿命が短くなる可能性もあります。

口に入れるものが寿命を決定するのは、人間と同じです。

 

家族の一員である愛猫に元気で長生きしてほしいなら、キャットフードの見直しが必要です。

おすすめの安心安全のキャットフードは、残念ながら日本国内の商品よりも海外製品の方が多いです。

 

海外ではペット用の食事にも気を配っており、日本よりも厳しい基準で検査がされています。

無添加で原材料のこだわったキャットフードはどうしても高い価格になりやすいですが、猫のために選ぶ人も多いです。

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月20日

このページの先頭へ