安い費用で入居するなら軽費老人ホームが狙い目

老人ホームと言えば、少し高いというイメージが強いのではないでしょうか。
入居一時金などの初期費用の段階から費用がかかることも多いため、どうしても入居をためらうことが多いかと思います。

 

そのため、ホームサービスやシルバーサービスを利用しようかと考える方も増えています。
ですが、初期費用を抑えて入居できる老人ホームも数多くあります。

入居一時金が無料となっている老人ホームも数多くあるため、初期費用を抑えて入居することができます。

また、入所後の料金設定も、それぞれの予算に合わせたプランが選べるようになっているので、利用しやすいようになっています。

 

また、軽費老人ホームという施設もあります。

この老人ホームは、社会福祉法人や地方自治体などによって運営されている福祉施設で、名前のとおり通常の有料老人ホームよりも比較的安い費用でサービスを受けることができます。

 

軽費老人ホームの場合、介護サービス料を含まない入居費用となっていますので、かなり安い費用で入居することが可能です。

生活費としての、居住費、サービス提供費、日常生活費、食費などの料金を支払うことになります。

生活費に含まれる居住費は、地域や施設、居室の広さによって異なります。また、食事を自炊する場合、食費は含まないタイプの料金設定もあります。

 

軽費老人ホームの初期費用は0円~数万円、月額費用はおよそ3万円~17万円など、比較的利用しやすい料金設定となっています。

ただ、介護が必要な場合には、外部の介護業者を利用する必要がありますので、その利用した分の介護サービス費を支払うことになります。

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年05月20日

このページの先頭へ